診察券デザインの選び方(自然)

日本ビスカ株式会社は、医療機関の快適な受付を創造します

ホーム > 診察券 > 診察券ブログ > 診察券デザインの選び方(自然)

診察券ブログ

  • 2015年11月12日

    診察券デザインの選び方(自然)

自然や風景デザインを選ばれる理由

診察券のデザインで花やクローバー、あるいは波紋、木目といった自然や風景デザインを選ばれる医院様には下記のような目的、特徴があります。

クローバーは内科でモチーフとして選ばれることが多いです。
また、眼科では波紋、海といったデザインを点眼のイメージで選ばれています。
木目調やタイルといった内装のデザインにあわせて診察券デザインを選ばれることもあり、桜やひまわりなどの植物は院名にリンクするため選択されていることが多いです。
特に海のデザインや虹のデザインは、あまり他で見ることがないため、他との差別化や珍しさでよく選ばれています。
写真が背景デザインなため、発色がよくとても綺麗に印刷されます。

実際に自然や風景デザインの診察券をもらった患者さんは

発色がよく綺麗な仕上がりになることが多く、また珍しいデザインなため、患者さんの印象に残りやすくなくしにくいようです。

自然や風景デザインにあう診察券の素材は

紙よりも、厚めで光沢があり、色が映えやすい、しっかりしたプラスチック、プラスチックスリムで制作されるケースが多いようです。