動物病院の診察券のデザイン・制作のポイント

日本ビスカ株式会社は、医療機関の快適な受付を創造します

ホーム > 診察券 > 診察券ブログ > 動物病院の診察券のデザイン・制作のポイント

診察券ブログ

  • 2016年6月6日

    動物病院の診察券のデザイン・制作のポイント

動物病院の診察券のデザイン

動物病院では医院の内装やロゴに合わせて、デザインを決定することが多いです。
医院ごとにオリジナリティの高いデザインが多く、様式もさまざま。キャラクターを用いる際は、犬や猫などの診察対象のキャラクターデザインを選択する場合が多く、一目でなにが診察可能なのかをデザインで把握していただけるようにしているのもひとつの特性と言えます。

両面印刷の活用

動物病院の場合、診察券の裏面は予約シールを利用しないケースが多く、両面印刷になる場合が多いです。
その分、飼い主様に伝えたいことも特記として印刷が可能になりますので、必要なことが充実した、わかりやすい診察券となります。

例えば、多頭飼いの方の診察券の場合はペット名の記入欄を大きくして、ひとつの診察券でペット全てのデータを管理していただくことも可能です。不要の場合は無くしたりすることも可能ですので、お気軽にお申しつけください。