内科の診察券のデザイン・制作のポイント

日本ビスカ株式会社は、医療機関の快適な受付を創造します

ホーム > 診察券 > 診察券ブログ > 内科の診察券のデザイン・制作のポイント

診察券ブログ

  • 2016年6月5日

    内科の診察券のデザイン・制作のポイント

内科に適した診察券のデザイン

さまざまな世代の方が来院する内科の場合は、シンプルに文字が目立つようなデザインが好まれています。
また、内科という特性からご家族様で通われることも予想できますので、名前の区別がつきやすいようにネーム欄を大きくとっている医院もあります。
予約シールの使用も少なく、両面印刷になるケースが多いです。素材はご高齢の方も多く来院されますので、厚みのあるものを選ばれています。

個性を活かしたデザインも

他医院の診察券が青や緑などのスタンダードな色使いの使用が多いため、それは避けてパステルやビビッドカラー、樹木の写真などの明るい色を前面に使用するケースが多いです。

シンプルにしたいが、医院の個性を出したいという場合はロゴやイラストをポイントでいれることも可能。
ロゴデザインがお決まりではない場合、ロゴマークの制作も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。