カルテファイル | 管理方法

日本ビスカ株式会社は、医療機関の快適な受付を創造します

ホーム > カルテファイル > 管理方法

カルテファイル

管理方法

ビスカ・ファイリングシステムの“色(カラー)”を活かしたファイル管理

ビスカ・ファイリングシステムは、数字やアルファベットを色(カラー)に置き換えて(カラーコード化)、色のかたまり(カラーブロック)を作ることによって、カルテファイルの検索をスピーディにし、誤収納を防ぐシステムです。

誰でも簡単に覚えることができ、慣れてくればコンピューターに数字を打ち込むよりも早く、カルテの準備が可能になる画期的なシステムです。

ファイリングシステムを使ったカルテ管理のメリット

ファイルの取り出しが早くなります。

どの色がどの数字や文字に対応しているか(カラーコード)、を覚えるだけで、数千から数万におよぶカルテファイルの中から、目的のファイルを数秒で取り出すことができるようになります。

ファイルの誤収納がなくなります。

ファイルを間違った場所に戻した場合に、カラーブロックと違った色が入ることになるので、その間違いにすぐ気がつきます。色(カラー)の鮮明さが、迅速・確実な作業の決め手です。

次の作業に安心して移れます。

ファイルを正しい位置に戻すと、周りのカラーブロックの“色(カラー)”と同化するので、反射的に「正しく戻したこと」が認識でき、次の業務に安心して移れます。

システムの構成要素

システムの構成要素は、カルテファイル、カラーシート、カラーラベル、収納ラックからなり、シートの種類と並べ方によって、それぞれ4つの管理方法を構成できます。

システムの構成方法は

 1.管理方法にあったシートを作る(ラベルを貼る場合も)。
 2.シートをファイルの見出しポケットに差し込む。
 3.管理方法にあった並べ方でラックに収納する。

と非常に簡単です。

4つの管理方法

EGカラーデジットシステム(一連番号順ID番号管理)
ファイルを患者(ID)番号順に収納するだけで、自然にカラーブロックができあがる、ビスカが開発した一連番号順整理システムです。
・カルテを一ヶ所に収納できる場合
などのファイル管理に適したシステムです。

詳しい情報を見る

ターミナルデジットシステム(下二桁ID番号管理)
患者(ID)番号の末尾2桁をカラー表示する方法です。

・一万冊を超える場合  ・ファイル冊数が多い場合
・桁数が多い場合     ・飛び番号がある場合

などのファイル管理に適したシステムです。

詳しい情報を見る

50音整理システム(お名前管理)
50音の(あ・い・う・え・お~)をローマ字で組合せ、その組み合わせを色で記号化して分類する、患者さんの名前順管理方法です。

詳しい情報を見る

カラー&ラインシステム(生年月日別管理)
ビスカが開発した生年月日別の管理方法です。月と日を色記号化し、患者さんの誕生日でカルテファイルを検索するシステムです。
月と日どちらから検索するかで二通りの方法があります。

詳しい情報を見る